four dramatic factory

...the fact of a certain man.

Life with Alfa Romeo

f:id:shigekihashimoto:20210624000042j:plain

おー!かっちょえーなぁー、アルファロメオ!!

 

・・・などと、

 

白くてセクシーなボディーラインに真っ赤なシートのオープンカーが何かのテレビ番組で紹介されているのを目の当たりにし、その凄まじいインパクトに思わずチビってしまったのは確か10年ほど前のこと。

 

しかし、お値段が2,500万円であるという驚愕の事実を知った途端、あわや昇天寸前だった魂も一瞬にして現実世界へ舞い戻り、なーんだ、一般ピーポーが乗る車じゃなかったんだ、アルファロメオって。

 

・・・と、いうワケで、私の脳みそからすっかりサヨウナラすることになったのでした。

 

my giulietta

f:id:shigekihashimoto:20210624001705j:plain

・・・が、

 

2020年の12月から乗り始めたのは、

ジュリエッタという名のアルファロメオ。

 

shigekihashimoto.com

shigekihashimoto.com

 

時に、エンブレムをよく見ると蛇が描かれており、それにちなんで毒牙にやられたと言うそうです。アルファロメオにハマることを。

 

まぁ、このジュリエッタ、夢のまた夢の8Cスパイダーと比べれば随分お手頃価格に設定されていて、なおかつ市場に数多く出回っている中古車だったということもあり驚くほどお安くなっておりましたが、それはそれ。ちゃんと牙を持った毒蛇です。

ハンドルを握ると全身が痺れ、ニンマリと開いた口からよだれが垂れちゃいそう。

 

・・・そんなこんなで、

 

先のことなんて分かりませんが、

このまま順調に麻痺し続ければ、

きっと次の車もアルファロメオ。