four dramatic factory

...the fact of a certain man.

About factory

当サイトについてのアレコレ

labyrinth

ここを抜け出した先は・・・ ひょっとして憧れの世界が広がっているかも知れない。 しかし、そもそも・・・ 目の前に見えているのは偽りなき出口なのであろうか? そんな思いを抱きつつ、 今日も今日とて変わり映えしない地下道に差し掛かる。

trap

夜道の一人歩きは危険がいっぱい。 至る所に罠が仕掛けられています。 人間が好む光の波長で寄せ集め、 ワンコインなる甘い汁で誘惑し、 心の暗黒面にするりと入り込む。 shigekihashimoto.com どうせなら、炭酸でシュワー♪ が、いいよなぁ・・・。

without omission

相変わらず抜けまくりでダダ漏れの人生ですが、 かろうじてとどまってくれたものもありました。 それらを大切にして積み重ねて、結局無くして、 素通りされて、すみっこにカスだけが溜まって、 もう一度寄せ集めて、何とか形にして、の現在。 でも、まぁ、仮…

100 questions

100の質問 本来はバトン形式となるようですが、ものすごく面白そうだったので、とあるブロガー様の記事から勝手にパクっちゃいました。 作成者様はもちろんのこと、正式なバトン受取者様に大変申し訳ないと思いつつ、かなり真面目に答えているので、どう…

ordinary

何かを成すために 特別なものを用意し続けるなんて、 きっと長続きしない。 何かを成すために 特別なチャンスを期待するならば、 時だけが過ぎていく。 普通を積み重ねてきたから特別だと分かる。 普通が大切と知るほどに特別の価値も知る。 光り輝く虚栄心…

stainless spoon

はい、明日からずっと無人島生活だから、 持っていくものを10個だけ選びなさい! こんなとき、 あんまり小難しいことを考えないタイプ。 パッと頭に浮かんだものを、とりあえず。 だから成長しないし失敗も多いのですが、 そんな正論ばかりを振りかざして…

surroundings

ここは立ち止まるのが真の目的ではなく、 周囲の安全を確認してから進めと言う意味だっけ? 今日みたいな雨降りの夜はなおさら。 そんなワケで、 いつもみたいにキョロキョロと、 右左の回数を増やすのはやめて、 深呼吸のち、じっくりめの右左。 そうしたら…

no words

来る日も来る日も同じことの繰り返しで、 たいして嬉しい出来事も訪れないどころか、 生きている実感すら失いかけていたかも。 そんな気持ちのまま、仕事が終わり、 帰宅後、テレビをつけ、ニュースを見たら、 今日のこと、びっくりして。 お前、ずいぶんと…

clock tower

背中に哀愁漂う放浪者の群集とも見えるし、 メラメラ闘志溢れる軍団にも思えてきます。 そんなことをダラダラ考えるのが好きです。 どちらに転ぼうが、 自分の主人公ぶりに想いを馳せるのだから。

Chapter 2 : wonderful world

あっという間の100記事でした。 とても楽しくすらすら書けました。 飾らないで自分らしくありました。 他人の評価は二の次となりました。 以前と違うものが見えてきました。 欲張らず少しずつと気付きました。 我ながら成長したなと褒めました。 これから…

Hey Monday! Bring it on!!

やるべきことはぜーんぶ片付け、 あとは寝るだけの日曜日。 時計の針は、 まもなく夜の8時に差し掛かるところ。 shigekihashimoto.com 今から何をやろうか?などと思うより、 月曜日に向かって気分が乗って来ました。 よほど順調なんですかね。 それとも開…

solitude

ソロキャンプがこんなに流行るのならば、 いずれ、ソロライフのブームもあり得る? 独りが楽しいとは感じませんけど、 自分だけに時間を使えますからね。 寂しさでは無く、 世間体との戦い。 まぁ、少なくとも、孤独という言葉に対し、 昔ほどネガティブな印…

angry sea

いつどこで撮影したのかスッカリ忘れましたが、 結構ヤバい状況でカメラを構えていたようです。 最初からガンガン飛ばすと後が続きませんので、 こんな無茶はコレっきりにすべきだと思います。 激昂する海にさらわれれば一巻の終わり。 悠久の航海を目指すな…

seek and destroy

破壊の標的は、 己自身にあり。 索敵殲滅 発見次第、一掃せよ。 手遅れなど、無い。 始めるべきは、今。

sorcerous robot

あと2000年ほど未来の人知れぬ海底から、 ピクリとも動かないロボットが発見された時、 きっと、偉い科学者たちは、こう言うのです。 これは、魔術的な儀式で用いられた土人形だ! ・・・と。 shigekihashimoto.com 結局、 存在した意義なんて他人が決め…

Chapter 1 : beginning of the end

ブログ開設から一ヶ月。 序章も終わり、本編へ。 "four dramatic factory" それは、私に捧ぐ終活。 ありのままを恐れずに、 生きた証を示すための。 失うものはありません。 得たことをひとつずつ。

wizard’s house

その家は・・・ 甘く熟れたバナナがたわわに実り、 そして、 ウツボカズラや、 ハエトリソウやらが、 うっそうと生い茂る森の中に、 ひっそり建っているのです。 decorated with a crescent moon ぴょいんとした屋根の形が素敵だけど、 注目すべきは三日月の…

prologue

もうすぐ50歳を迎える私ですが、 ここ最近、 感性に訴えかけてくるものを大切にしたい、などと。 絵画や陶芸作品、美味しいもの、カッコいい車、 時間を忘れて好きな本を読み漁り、 お気に入りの服で街を歩く。 もちろん、ブログを書くのも楽しいですよ? ・…